夏場の肌の大敵|クーラーによる肌の乾燥に注意!

気温の高い夏、蒸し蒸しした夏、乾燥とは無関係だ・・・と思っていないでしょうか?
実は違います。その逆です。

夏の季節は、肌が乾燥しやすい時期と言えます。どうしてそうなるのかと解説すれば、クーラーが原因です。クーラーをかけると、室内が乾燥してしまいます。

暑いと一日中、クーラーがかかってる部屋の中に閉じ籠もりがちになります。そうすることで、一日中、クーラーの風に当たり続けることを意味します。

「夏だから保湿擦る必要なないでしょう」とうっかりしていると、肌が乾燥してしまいびっくり仰天。 と言うことになりかねません。

クーラーをつけている瞬間は、肌がカラカラになってないかどうか、気に留めることを意識しましょう。

乾ききってるな、と感じたら、保湿するのもわすれずに。

汗や皮脂分泌がさかんな時期でも、クーラーの効いた室内にいる我々は、乾燥と無関係ではいることができないのであります。

また、肌がかわいてしまってから保湿を実施するのではなく、乾く前に潤いを補給してあげると、さらにベストだと思います。
いつも肌がうるおっている状態を持続させておくようにしたいものです。

一旦肌が乾燥してしまうと、その後に、元に戻りにくくなるのです。カサカサした肌を保湿しても、潤いが浸透しにくくなるわけです。
それだけではなく、保湿が手ぬるいと、どんどん乾燥してしまうことになりかねません。

朝には保湿マスクをしたり、保湿ミストを携帯して、日中もシュッと肌に潤いを摂り入れてあげるようにするとベターですね。

001

会社で自分の席が決まっていたりすると、簡単にはその席から変わるのが大変なものなのですが、最小限、クーラーの吹き出し口からの風がストレートにあなた自身に当たらないように、コントロールする事が望ましいですね。
クーラーの風向きを調整して、あなた自身にあたらないように気を付けましょう。席を動けるようでしたら、ベターです。

手と足が冷えている場合は、クーラーをつけるケースでは、もっと意識したいです。クーラーの風の中にいると、肌の温度が下がって、血行が悪くなってしまうのです。
そうなったら、肌の血色が悪い状態になって、くすみの原因となってしまいます。

また、新陳代謝が低くなってしまいがちなので、それが原因で、肌トラブルが発生しやすくなると考えます。血の循環をよくするケアをしたりして、できる限り体が冷えないように、意識したいものですよね。
家に帰ったら、半身浴やマッサージをして、新陳代謝を活性化させるお手入れをすることを意識しましょう。

半身浴をする場合は、38度位のぬるめのお湯に、10~15分ほど浸かるといいでしょう。お風呂に入ると言えば、1時間ほど浸かり続けないと駄目なように考えている人もいるかもしれませんね。
でも、これ程の時間でも、全身の血の循環を活発化させることは可能であります。

その上で、スキンケアをする時に、マッサージもしておいた方が良いですね。顔の血行もアップします。
毎日続けていると、肌が元気を取り戻して、トラブルを起こしにくくなるに違いありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です