シミの元は活性酸素?そのワケとは

体の中に活性酸素が増えすぎてしまうと、細胞が酸化されます。細胞にとっての酸化と言うのは、細胞が老化していくということになります。

なので、肌の部分で活性酸素が増えてしまうと、それはシミの原因になってしまうということです。

また、紫外線を浴びる事によっても、体の中の活性酸素が増え、それがシミになってしまう事もあるんです。

002

それでは、活性酸素がシミを作り出すまでの仕組みを見てみることにしましょう。

そもそも、活性酸素ってのは何のためにあるのか?

それは、体の中に入り込んできた細菌等から細胞を守る働きがあります。どうしても活性酸素と聞くと、悪いことをする印象がありますが本来は体を守ってくれる働きをします。

活性酸素には、善玉、悪玉と呼ばれる2種類の活性酸素が存在します。このうち体を守ってくれる働きがあるのが善玉活性酸素。体に悪影響を及ぼすものが悪玉活性酸素と言われています。

活性酸素を増やす大きな要因となるものに紫外線があります。

紫外線には、人体にとって有害になる物質が多く入っています。人は紫外線を浴びると紫外線の害から体を守ろうとするために、大量に活性酸素を作り出します。

適量の活性酸素なら大した問題はありません。

しかし、活性酸素が必要以上に増えてしまえば、その力の強さで体細胞にまでダメージを与えてしまう事になります。結果、細胞の老化に繋がっていくことになります。

しかしながら、活性酸素のダメージを緩和させる物質もあります。それがメラノサイトという細胞です。

このメラノサイトは、元々メラニン色素を作るための細胞になります。メラニン色素というのは、色素細胞であってこれがシミを作ります。

メラニン色素も活性酸素と同じように良いメージはありませんよね。

でも、我々の肌細胞はメラニン色素があるからこそ守られているのです。

もしメラニン色素がなかった場合、肌細胞はどんどん老化してボロボロになっていきます。しかし、メラニン色素には活性酸素からのダメージを引き受けてる働きがあります。

例えば、日焼けをすると肌が黒くなりますよね。

これは、メラニン色素が酸化することによって肌細胞への被害を防いでいる事になります。

ですから、色素沈着が出来てしまうのは、メラニン色素が紫外線から体を守ろうとしてくれたからなのです。

普通の日焼け程度なら、シミが出来たとしても新陳代謝によって剥がれ落ちていきます。肌のターンオーバーで細胞は常に新しく生まれ変わっています。

ですから、黒く色のついた細胞が一番上にきても、やがて垢となって剥がれ落ちるようになります。

しかし、あまりにも沢山のダメージを受けたメラニン色素ができてしまうと、新陳代謝が追い付かなくなり色素が残ってしまいます。

これがシミとなっていきます。

年を重ねると、シミができやすくなりますよね。これは、老化によって新陳代謝の働きが弱くなってしまった事でも起こります。

シミができてしまうと言うのは、「過脂化」にもあると言えると思います。これも、「活性酸素」のなせるワザです。

皮膚の脂質は、活性酸素によって酸化させられそれにより過酸化脂質が生成されます。

過酸化脂質は、自然に体内から排出される事はほぼないです。だから、生成された過酸化脂質はどんどん溜め込まれていきます。

もし、過酸化脂質ができた部分に、メラニン色素が集まってくると新陳代謝がうまく働かずにシミが出来やすくなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です